新電力事業

電力の自由化

平成28年度4月より電力の本格的な自由化が始まります。電力自由化とは、従来の地域電力会社が独占していた電力市場において、新たに新規参入する電力会社からも自由に電気が買えるようになることをいいます。市場での競争を活性化し、サービス向上やお客様の選択肢を増やすことを目的としています。つまり、今までは、地域の電力会社が発電した電気を購入して利用するという受動的な電気の流れがありましたが、法律が変わったことから、これからは自分(自分の会社)で発電し、他者に電気を売ることが出来るようになるということです。

新電力事業

新電力事業とは、2000年に始まった大口顧客向けの電力小売り部分自由化をきっかけとして新規参入した事業のことです。また、売電事業をはじめとした新しい電力のあり方の事ともいえます。
予てより自然エネルギーを始めとしたESCO事業を推進をしてきた当社が、たくさんの企業様の新電力事業のお手伝いをさせて頂けるのではと考えております。