よくある質問

産業用太陽光発電事業

産業用太陽光発電設備はどのような場所に設置できますか?

建物の屋根や屋上、壁面、あるいは遊休地など太陽光が当たる場所なら、基本的にどこでも設置することが出来ます。 学校、庁舎、病院、文化施設などの公共の建物からオフィスビル、工場、倉庫などの施設まで、さまざまな場所に設置可能となっております。

メガソーラーを導入する事でどの程度環境に貢献できるのでしょうか?

メガソーラーとは1MW以上の太陽光発電システムを示します。発電量は年間約1,000,000kWh相当ですので、年間のCO2削減量は505,500kg- CO2となり、杉の木に換算すると約36,107本の植樹と同じ効果が期待できます。

新築戸建・リフォーム・リノベーション事業

新築工事にかかる期間の目安を教えてください。

敷地面積や立地条件などをはじめとした条件により異なりますが、36坪、2階建てのお住まいの場合、約4ヶ月程度を目安にお考えください。お問い合わせいただければ、条件をヒアリングさせていただきましたうえで、おおよその期間をお伝えできます。

リノベーションとリフォームの違いは何ですか?

「リフォーム」とは新築時の状態に「修復」するのに対し、「リノベーション」は間取り、用途を変更するような大規模な改修を行うことになります。

新電力事業

新電力とは何ですか?

既存の大手電力会社である一般電気事業者(北海道電力〜沖縄電力の10社)とは異なる特定規模電気事業者の事です。一般電気事業者が所有する電線路を通じて電力供給を行います。

電力の自由化はどのようなメリットがありますか?
電気代が安くなる可能性があります。※使用状況によっては安くならない場合もあります。
「料金メニュー」や「電源」などを見て電力会社を選べるようになります。また、「電気使用量の見える化」などの新サービスが受けられるようになります。

ESCOサービス

ESCOとは何ですか?
「ESCO事業」とは、商業施設、オフィスビル、ホテル、工場、病院、公共施設など、エネルギーを大量に消費する施設を改修し省エネルギー化を行う事業のことです。コスト削減という課題と、CO2排出量の削減をはじめとする環境問題を同時に解決することが可能です。
リスクゼロというのは本当ですか?

ESCOサービスでは、省エネ効果を確約し、すべての費用を削減分でまかなうため、お客様には新たな費用負担は発生しません。また導入時には、国や自治体の税制が適用されるなど、エスコサービスを導入することにより、お客様は様々なメリットを得ることができます。

再生可能エネルギー事業

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」とはどのようなものですか?
再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、国が定める価格で一定期間、電気事業者が買い取ることを義務付けるものです。
どんな再生可能エネルギーが対象になるのでしょうか?

太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスを用いて発電された電気が対象です。その他の再生可能エネルギー(海洋温度差、波力、潮流等)については実用化の状況を踏まえ対象に追加すべきか検討されております。

家庭用太陽光発電事業

設置できる屋根はどの向きですか?

設置する屋根の方角によって発電量が変わります。最も効良く発電する方角は南向きになります。南向きを100%とすると東・西向きは80~85%ぐらいの発電量になります。

設置費用はいくらぐらいかかりますか?
太陽光発電システムの設置費用は、屋根にのせる太陽パネルの枚数や、その他の機器、工事にかかる費用によって決まります。屋根のパネルの設置枚数は、家の立地条件や屋根の形状によって異なりますので、現地調査の上、最適なシステムをご提案させていただきます。

オール電化・家庭用蓄電池

オール電化にすると光熱費が高くなるのでしょうか?

電気、ガスと分けて出費していた光熱費をひとまとめにできることから、基本料金だけでも大きなメリットが生まれます。ガス熱源を建物に引き込まないことで、基本料金を電気に一本化できるため、ガスの基本料金を無くせます。建物新築時もガス配管等の安全装置を設置しなくても良いので、コスト減となります。

どのような場所に蓄電池システムは設置可能でしょうか?
設置場所は高温や低温になりすぎず、結露しない場所であることが望まれます。その他、各メーカー毎に設置不可としている環境がございます。設置できたとしても保証対象外になる場合がありますので設置場所には注意が必要です。